青い空

「10年間で一番空が青かった。」

 

名言です。これは先日の完全にノンフィクション活動開始10周年記念GIGで、私がMCで発した言葉です。歴史に名を残すフレーズです。素晴らしいです。

 

しかし、その日の打ち上げにて、酔っ払いの戯れ言でしょうが、メンバーに、「たぶんそのことば、お客さんにぜんぜんつたわってないよ」と言われて。

 

完全にノンフィクション活動開始10周年記念GIGにお越し頂いた皆さんには、感謝という感情以外湧き出てこないのですが、その感情の心象風景があまりにもあの日の空と似ていたので、私が見たその風景をどうしても皆さんに伝えたかったのです。が、いかんせん私のMCではその想いが伝わらなかったみたいなので、こうして文字に起こしている訳です。

 

目標にしていたお客さんの人数は100名でしたが、前日までに来場が確定していたお客さんは50〜60名でした。そして当日、バンドマン連中のゲストを除いて、50名の方にお越し頂きました。 はっきり言って、ちょっと赤字でした。というか、めちゃくちゃソーコアに無理してもらって、それでも赤字でした。これが現実です。

 

「10年やってこれか」

 

と思う方もいるかもしれませんが、私含め別所くんも小野くんも、少なくともギグ当日はそんなことは微塵も考えてなかったと思います。

 

むしろ私は、オープンして早々、今までずっと応援してくれていたファンの皆さん、友人、バンド仲間の一人一人が、この夏の始まりの、35度の炎天下の中、続々とソーコアファクトリーに集まってくれていることが、嬉しくて、愛おしくて、心のすべてが「感謝!」という感情のみに染まったのです。

 

たまらず、外へ出て他のお客さんが来るのを待ちました。ファミリーマートの少し奥の方に目をやると、お客さんがこちらへ歩いて来るのが見えました。この暑さで道路に陽炎が立っています。もっと先に高いビルがあって、横にも同じくらい高いビルがありました。その間に空が見えました。その日の空は多分普通のよくある夏の空だったと思います。でもその時の私には「青!」という言葉でしか言い表せないような、そんな青さを持つ夏の空に見えました。まさに、その日の空は私の心そのものだったのです。

 

 

 

 

どうですか。伝わりましたか。

なんか、へんに、まじめな言葉づかいをしてしまいます。なんでだろう。まあええわ。

 

おれはあの日見た空の色を忘れないぜ!

また何年後かにワンマンしてソーコアをソールドさせてみんなでその夏の空を見ようぜ!

青いぜ!思ってるより青いぜ!

ステージからお客さんと全員で写真撮るノリあるやん?おれあれ嫌いやから、どうせなら夏の空をバックに撮ろうぜ!夏の思い出作ろうぜ!

 

そろそろ別所くんが「キャラ急に変わり過ぎ!」って突っ込んでくるよ!

 

でも、別所くんも小野くんも、同じこと思ってると思うよ。夏の思い出作ろうって。おれら10年も続いたバンドやからな。

 

改めて、ワンマンライブにお越し頂いたファンの皆さん、当日来れなかったファンの皆さんも含め、今まで応援して頂き、本当にありがとうございました。

完全にノンフィクションはこれからもっともっと音楽とファンの皆さんに向き合い、忘れる事のできない夏の思い出を残していきたいと思っています。応援して下さい。

 

そしていつか同じ夏の空を見ましょう。

 

 

完全にノンフィクション

上野友也

 

バンド活動10周年によせて

まず、自分のバンドと仕事についての話をさせて欲しい。

それとともに、あるバンドに感謝の念を送りたいと思う。

 

おれは大学を卒業したが就職はせず、将来に不安だらけのフリーター生活を続けた。

ただバンドに対する夢だけは大きくあった。

26歳で就職し結婚をしたが、相変わらずバンド活動は続けていた。

結婚してからも妻からバンドのことを咎められるようなことは全くなく、それに甘えるように、おれはバンド活動を続けた。

だからと言って仕事を疎かにしてた訳じゃない。就職してすぐにその仕事に関する本や啓発本などを読み漁った。現場ではとにかく一つ一つの仕事を丁寧にしていった。

今では部長職に就き、フリーターでバンドマンだった頃からは想像もできない程、生活は安定している。

 

バンドと仕事を両立しながらも、仕事の目標達成による精神的な充実感もあり、正直、人生の充足感を感じ始めていた。

 

でも、何かが足りないような気もしていた。

 

そのような違和感を持ちながらも、細々とバンド活動は続けていた。

 

そんな中、ライブハウスに行ってファイヤーループの野津さんや、ソーコアのカサゴさん、ビックキャットの高垣さんに完ノンの現状の活動の話をするときに、なぜかすぐに言葉が出てこないことがよくあった。うまく自分のことを説明できないでいた。

 

あれ?おれどうなりたいの?

そこから自問自答が始まった。

 

それに気付いてからは、向上心を持ってライブする他のバンドと同じステージに立つことがめちゃくちゃ恥ずかしくなった。打ち上げも出ず、早く帰りたいと思う日もあった。

 

自分の中で何が起こっているのかわからなかった。

 

もう終わっていい。

そう思うようにもなっていた。

 

 

 

そんなとき、あるバンドと出会った。

Emu sickSというバンドだ。

2016年のミソジコーリングで出会った。

メンバーと少し話すようになって、みんなはつらいと言いながらも仕事を一生懸命やりつつ、精力的にバンド活動を続けていた。

しかも売れる気満々で。
ほんとのところメンバーがどう思ってバンド活動してるかは知らないけど、このバンドの楽曲や歌詞やサウンドやステージは、一つのことを真っ直ぐに見続けることの難しさや、その先にある光の輝かせ方を教えてくれるものだった。

 

Emu sickSのファイアーバードを聴きながら、おれは自分の心の声を探った。そしてその声を素直に受け止めた。

 

「売れたい」

 

そして同時に気付くことがあった。

それは、自分の夢が叶わないことを、叶えようともしないことを、仕事を楽しもうとか、仕事を両立させるとか、自分の都合の良いように考えて、自分をごまかしていただけだったことに気付いた。

 

そこからおれはバンドと仕事を同列で考えることをやめた。

考えるべきなのは、バンド活動がうまくいかなくて、売れなくて、将来の不安があっても、そこから出てくる願いに向き合い、その願いに少しでも近づく方法を考えるべきだった。

 

そしてその行動から生まれるものが芸術であり、だからこそ人を感動させることができるとおれは思う。だからみんな聴く。だからみんなライブに来る。

 

Emu sickSが響くのはそういった理由だ。

 

おれの個人的な思いで恐縮だが、完全にノンフィクション10周年ワンマンGIGにゲストアクトとしてEmu sickSが出演してくれることは、本当に嬉しく、今回のブログに書いた内容も含め、感謝の気持ちで一杯である。

 

ありがとう。

 

そして、7/15ソーコアファクトリーに、売れる気満々の完全にノンフィクションをみんなに観に来てもらいたい。

 

完全にノンフィクション

上野友也

MISOJI COLLING 2017

完全にノンフィクションはMISOJI COLLING 2017に出演します。

今回は自薦ゴリ押しの末、出演させてもらうことになった。主催の方々には会う度に、ビールでベタベタになったライブハウスのフロアに額を擦り付け、出して下さいとお願いをした。それでも保留の期間があった。短気なおれは堪忍袋の緒を引き千切り、完ノン出さないと過去の黒歴史晒すぞ!と240さんとコムくんを脅した。それでやっと出演のOKが出た。

 

という夢を見た。

 

実際はこちらから出たいと依頼をしたが、大枠はほとんど決まっていたようで、それでも完ノンサイドがしつこくて、出演枠が埋まっていたのにも関わらず無理からタイムテーブルにねじ込んで頂いた。

さらに後でこの対談記事を読んで、あああ無理強いしちゃってゴメンなさいってなった。

http://misoji2017.pst.jp.net/?page_id=23

 

このイベントは、ただ良いアーティストを集めるんじゃなくて、今までに起きたことがない化学反応を狙っているのだなと思った。CHAIと愛はズのくだりとか。その化学反応は一辺倒ではなく、今も広がりを見せている。

あとコムくんがFMWのことを言っていたけど、2016年のMISOJI COLLINGに遊びに行った時は確かにそれに近いものを感じた。FMWはめちゃくちゃだったけど。めちゃくちゃだったけど、めちゃくちゃ青春だった。

MISOJI COLLINGは「ちゃんと実験やろう」という感じがする。このアーティストとアーティストが出会ったらこんな化学反応が起こるかもしれないという仮説をちゃんと持っている。それはこの関西のシーンに身を投じ続けてきた三十路にしかできない大掛かりな実験。

実験の結果次第では、あなたが2017年に追いかけるアーティストが増えるかもしれない。

目当てのアーティストがいるなら、その前後のアーティストも観よう。化学反応は絶対起こる。タイムテーブル作った人を信用しよう。一応全アーティスト観ようと思えば観れる。いや厳しいか。今年から会場増えたし。いや、去年コムくんは全アーティスト観るためにチャリで駆け回っていたな。

おれも実際去年カスタムノイズのあとにEmu sickS観て、こいつらカスタムノイズ好き過ぎやろ!ってなって、そこからEmu sickS好きになった。ナードマグネットもその日に初めてちゃんと観て大好きになった。

 

 

当日は四月のはじめのあの気候の中。

想像できる。

ネイブ一発目でええライブかましたあと、休憩がてら堀江公園でまで歩く。桜の模様が描かれたスーパードライを飲みながら別所くんが言う。

 

「かーっ!今日はスーパードライやなあ!」

 

 

完全にノンフィクション

上野友也